2017年11月22日 (水)

座学C.C.「日本の自然の魅力」

2017/11/12(日) 10/15(水) 実施

 

今月も座学CC.「日本の自然の魅力」が

ナビゲーター松岡先生で開催されました。


002_2

今回も参加メンバーが取り上げたトピックは、

農作とそば、風と季節の移ろい等から地震や茶道まで実に多彩、

本当に個性あふれるプレゼンの数々でした。


001_2_2

1) まず、目に入っているものから説明する。

2) 次にその背景や歴史の説明をする。

3) 最後に感性を加えて、個人的な体験なども添えると良い。

 

という松岡先生のアドバイスはいろいろなガイディング場面に活かせますね!


004_2_2  

CC.に参加すると先生や皆さんの批評で

自分ではわからない改善点がクリアになる、

という声が今回もたくさん聞かれました!

座学CC.未体験の方は是非次回は参加下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

座学C.C.「日本の自然の魅力」

2017/10/11(水) 10/14() 実施

 

ちょっと久しぶりの座学CC.のナビゲーターは、

みなが待ち焦がれた松岡先生でした。


001_4


テーマは「日本の自然の魅力」でしたので、山や川などのピックアップが多いかと思いきや、

そこはさすがGICSSメンバー、神道、温泉、俳句、食べ物etc. etc. 

それぞれに工夫を凝らした切り口をみなさん披露されました。

 

座学CC.は、楽しみながら他の参加者のプレゼンから吸収が出来る、

自分のガイディングを客観的に評価してもらえる貴重な場です。


007_4

もちろん楽しいばかりでなく松岡先生より

「そこはtastelessではなく、doesn't taste strong / smooth / mild など

ポジティブな言葉を選択したほうがいいですね」など、

鋭いご教授の矢がたくさん飛んできました。


037_3

 

11月も同テーマで開催されます。参加の皆様、しっかりご準備いただいて

こちらも楽しく意義深い時間にしましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

● 「ネイティブ講師に学ぶ! 自然な英語表現」 ワークショップ ●

2017/9/2(土) 実施

Ian講師によるワークショップはシリーズ化され、今回が5回目となりました。

Ian講師からは英語通訳ガイドが必要とする「自然な」「即戦力として使える」英語表現を数々教えていただいております。

Small_0902ians_workshop

個性ある我々通訳ガイド一人一人に適切なアドバイスをくださり、GICSS研修の中でも貴重な機会の1つです。

Small_0902ians_workshop_2

これからも恥ずかしがらずにどんどん参加してドンドン実力を上げていきましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 座学C.C.~ FITの都内観光 ~ ●

2017/8/17(木)および8/20(日)実施

千田ナビゲーターのもと、楽しく笑いの絶えない座学C.C.(チャレンジャー・サークル)が実施されました。

001

まず、スタートはファッションチェック! (^O^)/

お客様と初めて会う時にファッションはお客様から好感度・信頼を得るのにとても大きな要素ですね。

次にホテルでの行程の打合せ。

Img_2370_2

お客様の興味は? どこをご提案したらよいかしら? 是非お連れしたいところだけれど何と言ったらその気になってくれるかしら?

具体的な状況を想定して進められる会話はとても実践的でした。

Img_2363_3

千田講師が見せてくださったお客様へ対する姿勢・配慮・スタンスを参考に、魅力的な通訳ガイドを目指しましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 地域スポット研修 「谷中・千駄木・根津」  ●

2017/8/16(水)および8/18(金) 実施

これといった派手な観光スポットがあるわけではありませんがここ数年、外国人観光客を
多く見かけるようになった、いわゆる「谷根千」が今回の研修スポットです。 (^_^)

ちょっと地味目な場所なのでどのようにガイドをしたものか。。。

ところが研修後は参加者の皆さんからの反響のメールが沢山届きました♪

「日本文化のワンダーランド!?!」とおっしゃる方も。(*^_^*)

城塚ナビゲーターは「ナゼ谷根千が人を惹きつけるのか」を説明の上
目に入るもの全てを日本文化、日本の生活に関連して説明してくださいました。

それはそれは城塚ガイドの素晴らしい話題の展開で谷根千が輝いた日本の生活の舞台に見えました!

桜の季節だけでなく、谷根千には魅力が一杯!

墓標、畳屋さん、八百屋さん、電柱、パーキング、たばこの自販機、総菜屋さんetc.etc....挙げるとキリがありませんが日本を説明するにはとても多くの材料が転がっていることに気づかされました。

もちろん谷根千ならではのsite、朝倉彫塑館、日本画家アレンさんの画廊や指人形の館も訪れました。

城塚ナビゲーターのように、谷根千にお客様をお連れしたら是非、日常の日本の生活を魅力的にお伝えしたいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

● 2017年 GICSS 関東新人歓迎懇親会 ●

2017/7/30(日) 実施

恒例、関東新人歓迎懇親会が今年の夏も行われました!

毎年、MC(Members' Communication)担当の馬瀬八栄子さんと城戸弘明さんが
創意工夫してプログラムを練られ、楽しくて役立って参加して良かったと思える
会にしてくださいます。

今年はまず、旧古川庭園ツアーに希望者が散策、その後 懇親会。
懇親会ではお弁当を頂きながら30秒自己紹介を実施。

今年の目玉は会員である西田美智子さんによる「 日本酒講座 」。
なんと、テイスティングもあり♪

懇親会終了後はまた旧古川庭園で洋館(コンドル博士 築)をガイド付きで見学となりました。

ランデル先生から最近のガイド事情をうかがったり、会員同士の情報交換が出来たりと

充実した一日となりました。

尽力くださった馬瀬さん、城戸さん、どうもありがとうございました!

皆さん、また来年も懇親会で会いましょうね♪

Cid_ab6a2603802a49b281957541d7ab959

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 「ネイティブ講師に学ぶ! 自然な英語表現」 ワークショップ ●

2017/19(水) および 7/20(木) 2回実施

好評につき、Ian先生によるワークショップが再度、実施されました。

前回とテーマは同じです。
参加者数が限られるため、同じテーマで出来るだけ多くの方に受講していただこうと
考えました。

しかし、参加者が違えば発表されるプレゼンは様々。
Ian先生からは丁寧で具体的な指導をいただきました。

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 「 ガイディング現場でのIT活用法 」 研修 ●

2017/7/18(火) 実施

恒例となりました 「 ガイディング現場でのIT活用法 」 研修が行われました。
(二部構成)

Img_0283

「 何故、恒例?」って、ITの活用は現場では必須なんですもの。

次々に舞い込むお客様からの質問・リクエスト!
ガイディングしながら、行程管理しながら、netを駆使して探す探す!!!
もう、汗かきかき!!!

ということで日々進化するITをどう使いこなすか、
㈱ トラベリエンス 代表取締役 橋本直明さんに講義をしていただきました。

(第1部)


更に、今はnetで直接お客様とガイドをつなぐ様々なツールがある中、橋本さんが

運営する 「 トリプルライツ 」 を西田里紗さんにお話しいただきました。
(第2部)

Img_0281


「 トリプルライツ 」 で世界中のお客様と直接やりとりしたい方は
是非、GICSS事務局までお問い合わせください。

色々な方法で活躍の場が増えるのは嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 座学C.C. ~ 日本のアニメ・マンガ ~ ●

2017/7/16(日) 実施

金子潤講師をナビゲーターに今回は「日本のアニメ・マンガ」について語り合いました。

716006

切り口は様々。
作家・作品について語る方、業界の低賃金について話される方、日本の作品の特徴について等々。

716007

日本文化を代表するアニメ・マンガ、是非、ジェネラルトピックスなどで
お客様に紹介したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 「外国人に伝える日本美術の魅力」研修 ●

2017/7/9(日) 実施

京都国立博物館にて京都国立博物館 国際交流担当 マリサ・リンネさんを
講師にお迎えしお話をしていただきました。

Cid_4dd6157340404183a40aa60fbb0bf6c

まさに、我々通訳ガイドが聞きたいと思っていた日本と米国の違いについて
諸々お話くださいました。

展示方法の違い、展示物の特性の違いから展示期間にも違いがある、
伝え方にも正確性が重視される日本とプレゼンテーション力が求められる米国。。。

また、ご自身の経験から、人は4タイプに分けられるのでお客様がどのタイプに属するか
判断して興味を引き出すように話をすると良い、とのことで具体的な例を挙げていただきました。

改めて日本の美術品についてリンネさんからお話を伺うと、書物からは得られなかった
掛け軸や書の美術品に関しても興味が湧いてきました。

ありがとうございました!

Cid_f35f5c90c1f24eca8ef95880daaa0_2
京都国立博物館のマスコットキャラクター トラりん
私もハグして~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«● 地域スポット研修「哲学の道」 ●