« [2012/12/9]2013年新人研修チラシ配り | トップページ | [2013/1/12] 地域スポット研修・神戸 大和田の泊(旧兵庫港)で玉手箱を開けましょう!終了報告 »

2012年12月18日 (火)

[2012/12/16] 現場CC:法隆寺地区、中宮寺 終了報告

Cimg7697 うららかな師走の1日。今日、関西では第2回目となる現場CCが、奈良・法隆寺にて行われました。参加者の方の日頃の行いがよいのでしょう、この時期にしては、本当に暖かく、まさに下見実習日和でした。sun

 現役通訳ガイドとして全国を飛び回る藤村みどりナビゲーターのリーダーシップのもと、参加者12名(+スタッフ1名)は、法隆寺iセンターにて集合、松並木の参道を通って、世界遺産・法隆寺へと向かいました。プロの通訳ガイドならではの視点で、法隆寺の下見ポイントを丁寧に解説して下さり、「外国人のお客様を実際に案内する前には、どこを下見しておくといいか?」という視点で、たくさんの場所をご紹介下さいました。

Cimg7716 ここは、西院伽藍の中、五重塔、金堂、エンタシスの回廊など、古い木造建造物がたくさん目の前にあります。下見ポイントの説明を一通り受けた後、今度は参加者のガイドデモが始まりました。1人の持ち時間は3分。この3分とは、外国人旅行客がガイドの話を真剣に聞くことが出来る限界の時間だそうです。

 いざ人前でガイディングをやってみると、予想以上にその3分が長く感じられたり、逆に短かったりと、参加者それぞれ、悲喜こもごものようでした。こういった実地でのガイド練習が、今後のガイドとしての仕事に活きてくると感じました。ガイドデモの後は、再び下見を開始し、西院伽藍を後にし、大宝蔵院で「玉虫厨子」や「夢違観音」などを見学しました。

Cimg7751  ここは、法隆寺の東院伽藍にある夢殿の前です。ここでは、実際に参加者の1人がガイドデモ(夢殿と聖徳太子についてのお話)をしています。写真などを使ったり、ジェスチャーを入れたりして、聞き手が分かりやすいように工夫されているのが印象的でした。

 今回の参加者の中には、ベテランガイドの方から、新人ガイド、勉強中の方までいらっしゃいました。それぞれの方が、他の参加者との交流の中で、法隆寺の新たな魅力を発見したのではないでしょうか。この後、隣接する中宮寺にもみんなで下見に行き、楽しく勉強をしました。

|

« [2012/12/9]2013年新人研修チラシ配り | トップページ | [2013/1/12] 地域スポット研修・神戸 大和田の泊(旧兵庫港)で玉手箱を開けましょう!終了報告 »

コメント

首都圏からもたくさんご参加者があり、様々な経験レベル、語学別、バラエティに富んだ参加者のエネルギーが感じられますね。私もできれば行きたかったあ!の一人です。

投稿: yoko | 2012年12月18日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580783/56346993

この記事へのトラックバック一覧です: [2012/12/16] 現場CC:法隆寺地区、中宮寺 終了報告:

« [2012/12/9]2013年新人研修チラシ配り | トップページ | [2013/1/12] 地域スポット研修・神戸 大和田の泊(旧兵庫港)で玉手箱を開けましょう!終了報告 »