« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月10日 (火)

2013/12/8(日) チラシ配布隊、出動!

12月8日(日)、通訳案内士の2次試験が各会場で行われ、GICSSからチラシ配布隊が7名出動いたしました! ( ^)o(^ )

首都圏では明海大学(新浦安)、京都では立命館大学で2次試験が行われ、GICSSの隊員は「2014年の新人実務研修会向け無料説明会」の案内チラシを配布いたしました。

寒い朝から木枯らしが吹き始める夕方まで、でも元気に楽しそうにチラシ配布を行いました。

京都では途中、小雨が降り、かなり寒い思いをさせてしまいました。ごめんなさい!

きっと来年もたくさんの新人のガイドさんが入会されることと思います。来年もよろしくお願いいたします♪Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

2013/12/7(土) 築地スポット研修

2013/12/7(土)に築地スポット研修が実施されました。
大川講師による築地場内、場外の見学の他、座学では
市場のトリビアから組織について講義をしていただき充実の半日でした。
 
見学の際のルート、きれいなトイレの場所、止まって説明するのに
適したポイント、セレブ向けのお店、普通の人が入れる美味しいお店等々
すぐにでも築地を案内できるようなヒントを沢山いただきました。Cimg0330
 
研修のスタート時刻はa.m.8:00でしたが
場外も活気に満ち、長靴に竹かごを下げたその道のプロの間を縫って
集合場所から場内へ向かいました。
 
場内では地図を片手に場内の穴場スポット(場内を見張らせるポイント)や
図書館など意外な場所も教えていただき
更に仲卸市場へ3人ずつのグループに分かれて探検してきました。
Cimg0284_2Cimg0277_3

Cimg0285_2Cimg0306_2

行き交うターレーや買い出しの人、見学の人、もうすごい状況でした!
(狭い道に商品があふれ、活気にあふれ、なかなか前へ進めませんでした。)
 
場内を見学した後、座学で市場について大川講師から説明をいただきました。
大川講師は長年、築地市場にお勤めされていたこともあり
市場の歴史・組織・駐車場のことからトリビアまで、
そしてセリの指使いからセリ人のリズムまで
興味深いお話をいただきました。

Cimg0310_3


Cimg0317_4










講義の後は再度、外へ出て場外を見学しました。
狭い路地を行きながら人気店などを示していただきました。
 
とにかく築地市場の活気には圧倒された半日研修でした。
是非とも海外からのお客様を安全に楽しくご案内したいな、と思いました。
Cimg0301

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

2013/11/28 秋葉原スポット研修

2013/11/28(木)に【秋葉原スポット研修】が実施されました。

定員35名に達した後もキャンセル待ちで数名の方にお申し込みをいただき、申し訳ないことをいたしましたがお蔭様で大盛況な研修となりました。
Dsc_0179
NPO法人秋葉原観光推進協会 (ATPA)様 のご協力で、充実した研修資料に加えて、盛りたくさんの秋葉原観光パンフレットも参加者にお配りすることができました。メイドカフェからのお土産も含めて、帰り道のカバンはさぞ重く感じたことと思います。

研修の第1部ではネット情報でも分からない時代の変遷 にまつわる裏話や隠れた歴史スポットを学びました。

Dsc_0168_2

第2部では残された歴史あるラジオパーツの店から最新のロボットの店を見学し、さらにオタクしか知らないフィギュアやコスプレの店までの観光客視点で実地見聞しました。

Dsc_0173
そして、今回の研修の目玉(?)、第3部のメイドカフェでは、入場者全員が指名したメイドさんとのツーショット写真撮影をゲットできただけでなく、じゃんけんゲームなどGICSSオリジナルプログラムを満喫しました。講師の木脇さんがメイドカフェと幾度となく打ち合わせして「是非、メイドカフェの魅力を知ってほしい」との熱い思いを持って企画してくださったお蔭です。当研修ではかなりお得なスペシャル価格になっていましたので実際にお客様をお連れする場合は値段のチェックをしましょうね♪

この研修で秋葉原の敷居がちょっと低くなった気がします。これから一人で路地裏まで探索して秋葉原の魅力を外国人観光客の皆さんに案内したいと思います。

Dsc_0184★★★追加:ちょっぴり恥ずかし過ぎ!と理事長は申しておりますが、第3部のメイドカフェ研究に参加した方はこんな写真をもらいました!記録のためアップ!(笑)131128


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »