« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

2016 新人研修が始まった♪

春はまだかしら?と思っていたらすぐそこに春の足音が。。。
そう、GICSSの新人実務研修会が始まっていたのです。

例年は東京が3月、4月、そして関西が5月のGW期間中でしたが今年は2月から関西も東京も新人研修がスタートしました。

2月の合格発表を聞いてすぐに研修を実施するようになったのです。
「鉄は熱いうちに打て」にあるように気持ちが盛り上がっているうちに受ける研修は吸収も良いのではないでしょうか?

早速、GICSSのMLに新人の方々からの投稿がありました。
私も数年前、新人研修を受けて遥かなる道のりを思い愕然としたり俄然やる気が出たりと一喜一憂していたことを思い出しますねぇ。。。

新人研修参加者の方のMLの一部をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても楽しくて充実した時間でした。
先生方の知識の豊富さ、熱意には感服いたしました。
また、細やかな配慮や、ガイドの内容からも温かい人間性が滲み出ておられて、本当に素敵だと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ガイドの仕事の大変さがよく分かりましたが、研修に出てみて『それでもやっぱりやってみたい!』と強く思いました。
来月半ばの東京研修にも参加いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現場実習では、バス内でのユーモア溢れるお話や、感動するお話が印象的でした。
受講者の皆様によるプレゼンテーションもそれぞれに良さがあり、自分の言葉で相手に伝えることがいかに大切かを痛感いたしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、新年からGICSSではイベントが盛り沢山ありました。
下記に簡単にご紹介いたします。
● 神楽坂C.C. ●
神楽坂C.C.はいつも盛況なので今回も2回続けて実施されました。
東京の「今」と「昔」を結びつけるサイトの1つとして探索をすると楽しい場所ですね。



● 理事会・総会・新年懇親会 ●

例年1月末に理事会、総会が開かれます。
その後、同じ会場で懇親会が開かれ、懇親会を目的に総会に出席される方も多いですねぇ。(笑)
懇親会では恒例の自己紹介あり、ゲームあり、談笑あり、のあっという間のひと時でした。

1601242  1601243

1601241_2




● 座学C.C.「銀閣寺」 ●

エレガントな玉田講師のナビゲートで「銀閣寺」をテーマに座学C.C.が関西(豊中ステップ)で行われました。
参加者それぞれの切り口にユーモアのある玉田講師のコメントと、充実したC.C.だった様子がMLからも伺えました。


● 関西新年懇親会 ●

関西での懇親会は関東とは一味違う楽しい雰囲気がありますねぇ。(#^^#)
ウクレレあり歌ありハーモニカあり、と皆さん芸達者!
ガイディングもきっと楽しいのでしょうねぇ。

ランデル先生、松岡先生も参加されました。
ということはGICSSでは歌唱は必須の芸なのでしょうね!?!



●無料ガイドデー @明治神宮 ●
GICSSの目玉イベントである無料ガイドデーが今年も2月に実施されました。
これに参加すると「やるぞ~!」とやる気が湧くんですよねぇ!?!
実施後は参加者から興奮冷めやらぬ熱いメールが続々とMLへ飛び込んできました。(#^^#)

一部ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千田ナビゲーターの丁寧なモデルデモに触発され参加者は勇躍出発、案内差し上げた方からは最上級の賞賛のコメントをいただき、皆、心地よい高揚感、達成感のうちに帰路につきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

充実感とともに十分疲れました。
ナビゲーターの千田様のモデルガイディングを先ずお聞きし、感激に近い触発を受けました。
この日の為にと事前に準備を重ねたこともあり、自分自身とても積極的な姿勢で出発することができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わった後に記入していただいた感想用紙が達成感に加え大きな励ましとなりました。
次のステップに向けて背中を押してくれるものとなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンプルな表現を使って相手の反応や様子を見ながら対応することや、団体とFITでの違い、結婚式の行列での説明の仕方やどんな質問があるか等、なるほど、こう説明すれば良いのだなと思うこと度々で大変勉強になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



● 座学C.C.「鎌倉」 ●

湘南のマダム、芹田講師ナビゲートで「鎌倉」をテーマに座学C.C.が行われました♪

鎌倉も大仏様からの切り口、禅寺での参禅や川喜多映画記念館を語る方など話題は尽きなかったようです。
MLへの感想の投稿も沢山あり充実した2時間でした。

<MLの一部ご紹介>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鎌倉には100のお寺と40の神社があるそうですが定番の八幡宮、大仏、長谷寺以外のプレゼンに出てきたお寺などをガイドしなくても歩いてみたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



● 座学C.C.「日本酒」 ●

ナニワのミッキーこと、福井ミッキー講師の、飲んでいなくても楽し~い雰囲気のナビゲートの元、「日本酒」をテーマに座学C.C.が行われました♪
な、な、なんとミッキー先生をはじめ、参加者みんなが下戸だったとは!

<MLの一部ご紹介>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日これだけ日本酒の話をしたのに、参加者の方は私を含め、下戸(お酒がダメな人)ばかりでした。これだから、日本酒の消費が減っているわけです。
従って、私どもガイドとしては、訪日客の方にもっと日本酒を飲んで頂ける様に、頑張りたいと改めて思った次第です。 皆様も宜しくお願い致します。(byミッキー先生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人の日本酒の消費量が減っているようですね。
しかし反面、海外での日本料理が評価されるとともに日本酒も人気が出てきているように聞いております。
我々ガイドを通じて日本酒の人気が上昇することを祈りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



● 座学C.C.「仏教」 ●

嬉しいことに松岡明子先生が久しぶりに関西で座学C.C.のナビゲーターを担当してくださいました♪
松岡先生のC.C.は新人研修(の小クラス)以来という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

松岡先生からMLへ下記のコメントをいただきました。
短い時間でも得るものは大きいですねぇ。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さんの個性的なデモが展開し、時間はあっという間に過ぎました。説明的になり単調になっていたり、結論にたどり着くまでに時間をかけ過ぎ?、先ず最初に如何に興味心をつかんで、聞き手を引き込む構成とは、記憶したコンテンツを自然な語りにするには、色々な課題を皆さんと共有できたかと思います。( by 松岡明子先生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番の重要なポイントを本当に分かりやすくご教授頂きました、目からウロコ!の感じです。
今後の業務に役立てることが出来る様頑張りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



● 座学C.C.「日本の女子力」 ●

えっ?日本の女子力?
今回は吉﨑講師ならではの面白い視点からのお題です。
そう、日本の女子力はすごいんです!
なぁ~んて本当は今まで考えたこともなかったんですがお題をいただき考えてみると面白いことが見えてくるんですねぇ。(#^^#)

<ML一部ご紹介>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若い女子に人気の日本のネイルアートの芸術性には 漆器や象嵌の職人の素晴らしい技術が受け継がれている!?

心理学的性格判断からのアプローチなどのプレゼンテーションがありました。

その後も アメリカ発商品の日本での発展の典型としての自動車産業とネイル産業の比較や他にどんな切り口で語ることができるかなど活発に意見交換をすることができ ました。

参加くださった男性は 今どき女子事情にくわしくなっていただけたのでは???

最後は現代の自己啓発の一環でもある!とネイル、コスメから 妄想?を膨らませ壮大なテーマへと発展し「今のトレンド」をお題とすることの 奥の深さにうなるCCとなりました。
 (by 吉﨑講師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »